神竜の倒し方

質問

『神竜(しんりゅう)』がなかなか倒せません。
35ターン以内に倒す方法も教えてください。

回答

まず、強制睡眠のリカバリー用<ザメハ>、仲間を確実に蘇らせる<ザオリク>は仲間の2人以上使えることが最低条件です。
<ベホマラー>+《けんじゃのいし》(賢者の石)で計3人は全体回復できるようにしておきましょう。

必要なのはレベルというよりはむしろHPです。
1ターンで300程度のダメージを受けることもあるため、全員のHPが350程度なければ苦しいでしょう。

防具に関しては、守備力が関係する攻撃は通常攻撃と〔のしかかり〕なので、〔灼熱の炎〕と〔凍える吹雪〕という全体攻撃が2つある耐性の方を優先します。
《ひかりのよろい》《ひかりのドレス》《ドラゴンシールド》などの装備がお勧めです。

また、『神竜』の素早さは255であるため、こちらの素早さを最大にしても先行できるかどうか半々です。なので、『神竜』より確実に先行して回復できる、という保証が無いため、HPが100を切ったキャラは防御して回復を待つのがよいでしょう。
あるいは、『神竜』の攻撃後に回復する「後の先」戦法、つまり、誰か1人の素早さを下げて、そのキャラが常時<ベホマラー>or《けんじゃのいし》を使うということができれば安定度が増しますが、素早さを下げるアイテムが存在しません。戦士などの素早さが低いキャラがいれば代用可能ですが、行動順位についてはリアルラック頼りになることを頭に入れておきましょう。

ということであるため、防御系補助呪文においては、<ピオリム>は使う意味がありません。
<フバーハ>・<スクルト>については、〔凍てつく波動〕を使われますが、<フバーハ> > <スクルト>の優先順位でかけておくと楽にはなります。

なお、当然ですが、死んでしまった場合は、すぐに<ザオリク>などで生き返らせます。
これは強制睡眠で眠ってしまった場合も同じで、<ザメハ>ですぐに起こしリカバリーします。

こちらからの攻撃は、<バイキルト>+打撃では『神竜』に〔凍てつく波動〕を使われる都合上、効率が若干悪いです。
使えることが前提ですが、<メラゾーマ>を中心に戦う方が安定します。ただ、<メラゾーマ>を使えるキャラが3人以上いないと、回復呪文と<メラゾーマ>でMPを消費し、ジリ貧になる可能性があることに注意が必要です。

<メラゾーマ>で攻める場合、勇者に《けんじゃのいし》を持たせて回復、もう一人(MPの少ないキャラ)に《けんじゃのいし》を持たせて回復+攻撃役、残り2人で攻撃役を担当します。
余裕があるときは勇者以外のキャラが<メラゾーマ>で攻撃。通常の回復が間に合いそうにないときは勇者の<ベホマズン>で。


『神竜』を15ターン以内に倒す場合、勇者+賢者の呪文マスター済みの盗賊×3というメンバーで臨みます。
レベルは60程度あれば大丈夫です。

攻撃は、ひたすら盗賊3人による<メラゾーマ>連発。
回復は勇者の《けんじゃのいし》で。余裕があるときに<ギガデイン>、不測の事態には<ベホマズン>で対応します。

勇者のMPが不足しやすいので、《ふしぎなボレロ》を装備させるとよいでしょう。

もしくは、<モシャス>で勇者に化け、<ギガデイン>を連発するという方法もあります。



count:93538/5934696